職場を変えれば大丈夫な場合もある

IT職を辞めたいと考えている人は、新しい環境や職場で仕事をすることで、ステップアップができるようになります。

同じようなIT企業でもどのような仕事内容になっているのか異なります。システム開発以外にもネットワーク監視は、サーバー構築など色々な仕事内容が存在しており、徐々にステップアップが可能です。特に自分が希望している仕事に携われば、思い描いているステップアップができ、優秀なIT職として活躍しやすくなります。

その他にも発生しているメリットとして、快適な環境の中で仕事を行えるチャンスが生み出されます。IT職を辞めたい理由の1つになっているのが劣悪な環境です。どんなに優秀なIT職でも劣悪な環境の場合、本来のパフォーマンスを発揮できません。要注意なのが多くの残業と徹夜が発生している環境で、プライベートにまで支障を起こしてしまう可能性が高いです。
そのような環境はできる限り回避していき、快適に働ける環境を選ぶのがポイントです。ほぼ定時で仕事を終了させることができ、安心して働けるIT企業はたくさん存在しているため、よくチェックをしなくてはいけません。

メリットが発生している反面、デメリットも発生しているのが実態です。それは新しいIT企業で仕事をするので、評価が最初に戻されてしまうという部分があります。以前のIT企業と同じように地道に働いていき、好印象を与えないと給料アップや重要なポジションで働けないので、頑張らなくてはいけません。
辞めるにしても続けるにしても双方ともにメリットとデメリットがあり、それは状況により比重が異なります。まずはこちらのサイト(http://it-yametai.info)を参考に、辞めるべきか続けるべきかよく考えてみましょう。