他のIT職で働きたいときに伝える退職理由

転職の面接で大抵聞かれて返答に困ることが多いのが退職理由です。
よく聞かれるポイントなので対策を立ててから面接に挑む人も多いものの、採用活動に慣れている面接官に問題点を発見されて採用を見送られてしまうこともよくあります。内容の良し悪しが合否を分ける可能性がある重要な質問なので慎重に内容を吟味して伝えるようにしましょう。アピールポイントにできるように伝えられるのが理想的です。

たとえばIT職の人が他の分野のIT職に転職する場合、仕事をする上で必要な性格や志向を持っていることを伝えるのが大切です。
仕事に対する執着心が強く、もっとその意欲を生かせる仕事を探したいと考えて転職したというのは合理的な理由でしょう。競争の激しい業界なので、どのIT職であってもスピード感が求められるからです。

一方、純粋に興味が移り変わったことを伝えるのも十分な回答になります。その技術に興味を持つようになったきっかけを切り口にして、前職よりも興味があるという形で退職理由にすることは可能です。
ただし、それだけではアピールポイントとすることはできません。重要なのは前職の経験が現場で生かせることも添えて話をすることです。他の分野で働いてきた経歴が役に立つ場合も多々あります。他の分野で積んできたキャリアや人脈を生かす方法を志望先の企業の事業方針と照らし合わせて考えて、技術に対する興味とつなげて説明できるとアピールポイントになります。

ここで紹介したような工夫をしておくと面接で高評価を得られるでしょう。